自分より経験豊かなのがポイント

悩み事を他人に相談する場合に注目したいのが、相手が自分よりも年上であるかどうかというものです。
悩みを解決できるかどうかに年齢だけが関係しているわけではありませんが、年齢が悩みを解決できるかどうかの一種のバロメーターであることには間違いありません。
人生というのは長く生きているだけで、それだけたくさんの経験をしたことになりますので、その分だけ悩みに対しての対応方法を知っていることになります。

極端な例をだすと、就職をしたことのない若者に、就職についての悩みを相談しても解決する可能性は低いです。
しかし、何度も転職を経験しているような職選びのベテランに就職について相談した場合は、役立つアドバイスや答えが返ってくる可能性が高いのです。
このように相手を選ぶことによって、その相談が意味のあるものになる可能性が左右されますので、相談する相手はしっかりと選びたいものです。

年上の相談相手についてですが、一番身近なのは家族や親類、さらに会社の先輩や上司なども相談相手として名前があがるでしょう。
また、学校の先輩も自分より長く生きているという意味では、相談相手としての対象になります。

年齢が上というよりかは、人生経験が豊富かどうかという部分を考えて相談相手を選ぶことができれば、よい結果が返ってくる可能性が高いです。
占い師を相談相手に選ぶことは多いですが、この占い師というのはとにかく人生経験が豊富なので、悩みについての色々なアプローチ方法を知っているのです。