悩みを聞くことも重要

悩みを相談する相手は知人や家族が対象になることもありますが、そんな相手に悩みを相談しているばかりではなりません。
自分の悩みについて親身になって相談に乗ってくれるかは、これまでの自分の付き合い方が関係してくる部分で、時には友人や家族の悩みについて聞いてあげることも大切なのです。
この積み重ねが、前回は悩みを聞いてもらったから、今度は自分が悩みを聞いてあげようという持ちつ持たれつの関係を築くことに関係してきます。

悩みがある時にだけ付き合うというような自分本位な付き合い方をしていると、親身になって相談に乗ってもらえないばかりか、最悪の場合は悩みを聞いてもらえないこともあるでしょう。
逆に友人の大きな悩みに向き合って解決してあげたような実績があるならば、その友人は今度は自分の悩みについて多大なサポートをしてくれるはずです。

悩みを相談して解決に導けるかは、自分の悩みに対しての姿勢も関係してきますが、これまで築き上げてきた人間関係も直接影響する部分なので、自分が大きなトラブルに見舞われた場合を想定して信頼できる人間関係を築いてみてはいかがでしょうか。
悩みができてから相手の悩み相談に応じるのでは遅すぎますので、日頃からいかにして気配りをしているかが重要になってきます。
このことがわかったら、さっそく明日から他人に気を配って生活してみてはいかがでしょうか。
いつもより表情が暗い友人が悩みの相談に乗ってくれる相手を探しているかもしれません。